学生インタビュー

大沼新
13 Student menber
Takuya Onuma 大沼 拓也

あだ名

沼pad

大学

職業能力開発総合大学校 機械システム工学科 4年

担当商品・イマジン歴

携帯電話/ルーター/通信サービスなど・4年

趣味

音楽鑑賞
マンガ
ボーリング

好きな歌手

秦 基博、Flow

好きなラーメン屋

幸楽苑

好きな異性のタイプ

優しい人

特技

大沼式チャートセールストーク

「これは買い!」って製品

レイコップ

キャッチコピー

添付率アーティスト。

大沼3
普段大学では何をしている?
対談者 モノづくりに特化した実習をしています。具体的には、溶接の講習や機械加工などです。
また、指導技法なども習っています。
イマジンプラスで働くことの良さは?
対談者 働くようになったきっかけは、インターネットで検索したときに一番上に出てきたからでした。
しかし入ってみてからは、「イマジンプラスの社員の方々はサポートが手厚い」ということを感じています。
「お給料が早めにほしい」などの相談にも可能な限り対応しようとして、親身になってくれます。
私たちが働きやすい環境を作ってくださるので、イマジンプラスを選んで良かったと、働いてから気が付きました。
大沼2
研修はどうでしたか?
対談者 販売の仕事は、「現場でしかわからないこと」が多いので、確かに大変だと思います。
しかし、「心がまえや礼儀」などの知識は、研修でしっかり教えていただけます。
現場で働くために必要な、「心がまえ」などの基本を、優しく丁寧に指導してくれるので、
現場で、そこまで心配することも無く、仕事に入ることが出来ています。
今の仕事内容は?
対談者 携帯電話の機種変更や、キャンペーンなどの提案を行っています。
他の販売スタッフは、携帯の提案だけを行うのですが、自分は通信サービスの販売もしていた経験があるので、
通信サービスの説明もやってしまいます。
自分一人で携帯と通信の両方の説明を交互に説明ができるので、お客様に関連付けて話をすることが可能になっています。
また、店舗で普通の声だしもやるのですが、それだけでなく、MCもしています。男性で自らやりたいと手を挙げる人は少ないMCですが、自分は吹奏楽でもMCをやっていたこともあり、新人の女性に教えることもあります。
大沼4
仕事でやりがいを感じたことは?
対談者 契約が決まった時です。初めは機種変更だけするつもりだったお客様に、乗り換えの方がメリットは多いことを説明し、乗り換えて頂けた時は嬉しいです。初めは「機種変更のメリット」を「褒めちぎる」のですが、その後、「乗り換えのメリット」を、それを上回るくらい「褒めちぎる」ことで、契約に結びつけています。家族全員が乗り換えることもあるほどです。また、iPadの添付率(iPadもつけて契約すること)も良い、と社員の方には言われています。
将来の夢は?
対談者 将来は職業訓練の先生になるので、日本の雇用に貢献していける人材になれたら、嬉しいと思います。
ただ、仕事うんぬんよりも、良い奥さんと出会えたら良いです。
大沼5
就活に、販売のアルバイトは役立ちますか?
対談者 学生の内に、自分の「コミュニケーション能力を見つめなおしたり、高めたりする」経験をすることで、将来だけでなく、
就活にも絶対に役立つと思います。
「販売」は普通のアルバイトに比べて、敷居が高いイメージがあると思いますが、やろうと思えば、全然できないわけじゃないんです。
学生の内だからこそ、経験の一つとして良いと思います。
アルバイトを探している大学生へのメッセージ
対談者 「販売」のアルバイトは、土日働くだけで、居酒屋に週4で深夜まで働いている人とかよりも稼げてしまいます。
学生でいれる時間は少ないですが、色々なことをしたいと思うので、時間が足りない学生や、
学校が忙しくてあまりバイトが出来ない人に最適だと思います。
あなたにとって「販売員」とは何ですか。
対談者

自分を、「誰とでも臆することなく話せる人」に成長させてくれたモノ、ですね。
「話題が無かったら、作ればいい」
話題が無いなんてのはありえなくて、相手に話しかけて、話題を聞き出しちゃえばいいんです。

最後に、あなたにとって「添付率」とは何ですか。
対談者

「自分の限界」ですね。

Copyright (C) 株式会社イマジンプラス