学生インタビュー

品田新アイコン
12 Student menber
Kento Shinada 品田 憲人

あだ名

おっちゃん

大学

北海道大学院 理学院 数学専攻 修士2年

担当商品・イマジン歴

携帯電話/ルーター/通信サービスなど・5年

趣味

釣り
スキー
アウトドア

好きな歌手

湘南乃風

好きなラーメン屋

つけめん Shin.

好きな異性のタイプ

家事を楽しんでいる方

剣道の得意な技

「これは買い!」って製品

Mac book Air

キャッチコピー

OFFは魚を「キャッチ&リリース」。 人の心は「キャッチして離サナイ」。

品田2
普段大学では何をしている?
対談者 研究室で、毎日数式を使った解析をしています。例えば、昆虫の個体数を予測する研究などをしています。
未来の個体数などを予測できれば、絶滅危惧種の減少を防ぐ、環境モデルを割り出すことができるので、とても有意義な研究だと思います。
イマジンプラスで働くことを選んだきっかけは?
対談者 大学の研究室の先輩がイマジンプラスで働いていたので、話を聞いてみると、楽しそうだったからです。
元々人と話すのが好きだったので、販売をやってみたいと思いました。
品田4
イマジンプラスは、他のアルバイトに比べてどうでしたか?
対談者 とにかくスタッフの方々が良い人ばかりなところが、他と違っているところです。
自分の担当の方は、厳しくする時は厳しく、でも楽しい時は冗談も言ってくれる方だったので、
ONとOFFのバランスが心地良かったです。
また、論文の執筆で、3ヶ月もの間休ませてもらえたにも関わらず、すぐに復帰させてもらえたのは、
本当にありがたく、働きやすい環境だと感じました。
今の仕事内容は?
対談者 家電量販店やデパートでの、ケータイの販売をしています。
お客様がどの商品を買うか決定されるまでの間、
商品の違いやキャンペーンなどを説明しています。
品田3
仕事でやりがいを感じたことは?
対談者 違う店舗で働いていた時に来店していたお客様と、別の店舗で、またお会いしたことがありました。それほど、沢山話をしたわけでは無いのに、お客様の方から、「前別の店舗にいましたよね?」と話しかけてくださいました。
なぜ自分のことがわかったのか聞くと、「笑顔が素敵だから覚えていた」と言って下さったので、とても嬉しかったです。
自分は、よく「話しかけやすい」と言ってもらえるので、そう言っていただけた時はやりがいを感じています。
自分の「強み」だと思うことはありますか?
対談者 声の大きさは、誰にも負けません。キャンペーンやイベントの呼びかけって、普通の声を出していたら、ほとんど「聞いてもらえてない」んですよ。そのため、「元気に、声を大きく、笑顔で」は、常に忘れていません。
また、お客様と、自然な会話を始めるのは得意です。接客ってカタ~い感じで来られるのって、嫌な気がすると思うんです。自分は笑いながら楽しくしたい、でも無理やり選ばせたくはないので、まず「自分の実体験」などを伝えてから、「3つ位選択肢を出して」選んでもらうようにしています。
品田5
就活はどうでしたか?
対談者 無事、行きたかったところから、内定を頂き、今年4月から働きます。
イマジンプラスで販売をやっていたので、初対面の大人と自然に話すのが当たり前になっていました。
そのため、面接は特に意識することもなく受けることができたので、販売をやっていて良かったと思いました。
また、面接で販売の経験を話すと、「大変そうな仕事だねぇ」と、面接官が興味を示してくださることが多かったです。
アルバイトを探している大学生へのメッセージ
対談者 販売の仕事は覚えることが多いと思われるかもしれません。
確かに、研修ではパンフレットの内容を覚えないといけないことがあります。
しかしスタッフの方が、分かりやすく要点を解説してくれるので、スムーズに覚えられます。
仕事は色々な種類があります。でも、
どんな仕事になったとしても、イマジンプラスは、担当の方々が丁寧なので安心だと思います。
あなたにとって「販売員」とは何ですか。
対談者

新しいスマホを買った時って、3日間位は、テンションが上がって、ワクワクしてしまいませんか?
そんな、ハッピーを届けられる所が、やりがいだと思っています。
販売員は、「1年中働いてるサンタさん」なんです。

最後に、あなたにとって「釣り」とは何ですか。
対談者

釣りは、「甘いもんじゃない」です。
以前、サクラマスを釣ろうとしたことがあったんです。
週5日間、毎日朝の3時には起きて、海に通っていましたが、2か月釣れませんでした。

Copyright (C) 株式会社イマジンプラス