学生インタビュー

岡田新
11 Student menber
Keisuke Okada 岡田 桂祐

あだ名

でんでん

大学

芝浦工業大学院 修士1年

担当商品・イマジン歴

携帯電話/プリンター/コーヒーメーカーなど・4年

趣味

スマートフォン(現在2・30個契約中)
模型工作
旅行・ドライブ

好きな携帯電話

iPhone

好きなラーメン屋

「写楽」のつけ麺

好きな異性のタイプ

趣味を理解してくれる方

アルバイト代の用途

会社に返してます(ケータイ料金20台分)

「これは買い!」って製品

Xperia Z3 Tablet Compact

キャッチコピー

「止まらない、ケータイ情報トレイン」

岡田1
普段大学では何をしている?
対談者 大学院では、モーターの設計の研究をしています。また、TA業務として、学部の1・2年生に「ロボットの作成」や「プログラム」について教えています。
販売の仕事を選んだ理由は?
対談者 将来、海外で活躍する技術者になりたいからです。メーカーの技術者は、社内で販売をしたり、プレゼンをかけたりすることがあるそうです。そのため販売の仕事を経験しておきたく、探していました。
岡田3
イマジンプラスを選んだきっかけは?
対談者 入社祝い金で1000円貰えるキャンペーンで、イマジンプラスを見つけたのがきっかけです。
イマジンプラスの研修は、短時間で多くのことを教われて、「コスパが良かった」んです。
これは、知っておくべきというポイントをつかれていて、ここなら信頼できると思いました。
また、社長が「現場スタッフの意見も拾ってくださる」ところも、信頼を寄せたポイントでした。
今の仕事内容は?
対談者 メインは、ケータイショップや、家電量販店などで、商品説明やプランの案内をする仕事です。
また、「今キャンペーンやってますよー」という呼びかけなどをする、「にぎやかし」もやっています。
岡田4
仕事のやりがいは?
対談者 ケータイのプランに詳しくなくて、「高額な料金」を支払っている方に、お得な方法をご案内して、
「こんなに、安くなるなんて!!」と感謝された時は、やりがいを感じます。
自分の「強み」だと思うことはありますか?
対談者 ケータイはどんどん新しいキャンペーンが登場するので、
僕は常に最新の情報をチェックするようにしています。
以前、お客様にキャンペーンをおススメしていた時、「そんなキャンペーンは無いはずだぞ」と、社員の方に怒られたのですが、実はその日からはじまったキャンペーンだったので、
その時から、社員よりケータイに詳しいとまで言われるようになりました。
ケータイの情報を取り入れるのはもはや、「趣味」なので、
ケータイのことを、お客様とお話ししているだけで、「気がつくと売れてる」ようになりました。
就活にこのバイトは生かせますか?
対談者 学部生の頃に1度、就職活動を経験したのですが、販売をやっていますと言うと、面接官の食いつきが違っていました。
プリンターの会社の面接を受けた際に、「プリンターの販売」をやっていたことをアピールすると、面接が上手くいき、面接官の方は「君と一緒に働きたい」とまで、言って下さいました。
アルバイトを探している大学生へのメッセージ
対談者 販売の仕事は、普通の学生は話すことができないような、大人の方々と沢山話すことができます。
「これから就活なんですよ」と話すと、「こんな良い会社あるんだよ」と、役立つ知識を得ることができます。
将来役立つ知識や、マナーを学べる上に、給料も貰える、一石二鳥のアルバイトです。
最後に、あなたにとって「ケータイ」とは何ですか。
対談者

コミュニケーションの道具ですね。

Copyright (C) 株式会社イマジンプラス