スペシャルインタビュー「働くということ」

ソフトバンクモバイル株式会社
首席エヴァンジェリスト
中山五輪男
笹川祐子

日本における著名なエヴァンジェリストの一人。ソフトバンクグループの孫代表とともに「iPhone」「iPad」の販売促進に、全国各地で講演、執筆、TV出演等で活躍中の中山氏に「働くということ」をテーマにお話を伺いました。

ソフトバンクモバイル株式会社 首席エヴァンジェリスト中山五輪男 Iwao Nakayama
社名 ソフトバンクモバイル株式会社
URL http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/
所在地 〒105-7317 東京都港区東新橋1-9-1
略歴 1964年(東京オリンピック開催)長野県伊那市生まれ。法政大学工学部卒。
複数の外資系メーカーを経て、01年ソフトバンクコマース(現・ソフトバンクBB)に入社。
BB推進部の部長としてYahoo!BBのコンシューマ向けセキュリティサービス(BBセキュリティ)の開発やSaaSのエヴァンジェリストとして外部での講演活動に従事。
現在はソフトバンクモバイルのビジネス推進統括部にて首席エヴァンジェリストとしてiPhoneおよびiPadの販売推進に、全国各地で講演、執筆、TV出演等活躍中。国内20以上の大学での特別講師も務めている。著者に「スマートフォンの衝撃」(共著)
Twitterアカウントは「iwaonakayama
取材・講演依頼・お問い合わせはこちらへ。iwao.nakayama@g.softbank.co.jp
twitter:iwaonakayama
エヴァンジェリストとは
+01
笹川 中山さんは日本を代表するエヴァンジェリストとして、活躍中と伺いました。エヴァンジェリストの語源は、「(キリスト教の)伝道者」という意味だそうですね。そこから、転じて、外資系のIT企業に多くみられる、最新のIT技術を分かりやすく説明する役職についてもこのように呼ばれるそうですね。業務の一環として、講演、執筆、セミナーを主に実施するそうで、中山さんは全国飛び回っていらっしゃいますね。
中山 はい、企業向けに「iPad」の活用、導入事例のセミナーをしたり、「iPhone」関連書籍の執筆や、いろいろなTV番組に出演しては「iPhone」の訴求活動を行っています。
笹川 年間、どのぐらいのセミナー、講演数なのでしょうか。
中山 多い時は、300回位。1日平均2回で、札幌や福岡など日帰りも多いです。

興味を持ってくださった企業さんや団体、学校など、どこでも行きますよ!

笹川 まさに、伝道師ですね。大学の講義も多いと伺いました。どんなお話を?
中山 大学の講義では、モバイルインターネットの未来をテーマに、就活で大切なことなどの話もしています。また大学や専門学校などの入学式にも来賓として呼ばれて挨拶したこともありますね。
笹川 まぁ、素晴らしいですね。ところで中山さんのお弟子さんというか、エヴァンジェリストは育てることが可能なのでしょうか。
中山 はい、エヴァンジェリスト養成塾、私の名前を使って別名、「いわお塾」を開催しておりまして、3期生まで育ったところです。1期16名ですので、合計48名いまして楽しみです。

働くということ
+02
笹川 中山さんにとって、「働く」ということはどういうことでしょうか。
中山 今では、ほとんど、趣味になっていますね。幸せなことです。

全国各地のトップの方々と「会える」「話せる」のがとっても貴重なことですし、地方の方とのコミュニケーションが嬉しいです。facebookのおかげで、帰京後も楽しさが続き、コミュニケーションが広がりますね。

「サラリーマンの枠を超えた」一人の人間として、持てる魅力に人が集まってくる、ファンを作ることができる時代ですね。はたから見て、面白そうだなぁと思ってもらえれば、どんどん親しくなれますし。

個人も企業もこうやってファンになってもらうことで、信頼され、「お金」に変わっていくのだと思います。

働くことで得られるもの
+03
笹川 中山さんにとって、働くことで得られたものは何ですか?

さすが、講演のプロ!と思わせるほど、初対面の相手へも、目配りや笑顔が行き届かれていますね。

中山 それは、長い間の経験によって培われたビジネススキルだと思います。プレゼンについては、相当訓練し、目の配り方や手の使い方、いろいろな技法を身につけてきましたので、1万人の前でもあがりません。プレゼンのストーリー性の大切さは、孫代表の話から学びました。
笹川 長年の努力が無意識に出てくるという、素晴らしいお手本ですね。
中山 そして、自分が得た財産といえば、「友達のネットワーク」です。おかげさまで全国に友達からファンがたくさんできて、仕事を通じてコミュニケーションを図ることができるんです。年齢層も幅広く、老若男女さまざまです。

若者へのメッセージ
+04
笹川 若い人へ向けてメッセージを頂けますか?
中山 それは、「オンリーワン」自分の強みを持った方がいいということ。

社内で、業界で。

自分の得意分野、好きなものをぜひ、極めて欲しいです。

笹川 就活のアドバイスがありましたら、ぜひ。
中山 なんといって、コミュニケーション能力の強化!その訓練の一つとして、SNSはどんどんやった方がいいです。まず、ツイッター。140文字という短い文字で、言いたいことを表現する力がついてきます。言葉にする力は、訓練しないとできません。そして、ブログを書く。自分の思い、考えを言葉にして伝える力を養えると思います。そして、「ハキハキ、わかりやすくしゃべれること」が大切です!

インタビューを終えて笹川より

中山さんの眩しい笑顔に触れて、「働き方」の理想形だと実感いたしました。

企業人ではあるけれど、個人の力を存分に発揮。ソーシャルメディアの時代においては、個人の力や魅力がどんどん伝わっていきますね。

大きな使命を持って、全国に世界に羽ばたいていかれますよう、ますますのご発展を心からお祈りしております。

MENU
Copyright © 株式会社イマジンプラス

TOPへ戻る