就活に役立つOB・OG紹介

山田敦彦さん

2000年 アメリカ合衆国NY州滞在
2002年 海城中・高等学校
2007年 早稲田大学商学部
2009年 イギリス、ウォーリック大学留学

イマジンプラスでの経験で役に立っていること

堂々としていられることです。

以前は人前で喋るのも苦手でしたし、初対面の人とも(話すのは好きなのに)上手く喋れませんでした。

ですが、アルバイトを始めて「人と話す」事が当たり前になってからは、人前で堂々と話せる様になったと思います。

細かい事ですが、プレゼンテーションスキルも多少向上したと感じます。

ただ、なにより正直イマジンプラスで働いていなかったら現在の僕はいないと 思います。

就職活動自体で話す事が多かったですし、高給でハードな仕事形態は、プライベートでも仕事でも趣味でも“ガチ”でやるから面白いという考えに至らせてくれたと思います。

イマジンプラスでの経験で 役に立ったこと

就職活動ネタになりました。

イマジンプラスでの仕事は高給な反面、厳しい現実にも良くぶつかります。

例えば、小1時間大阪のおっちゃんに説教されたり、販売目標を達成できなかったり、勤め先の方に必要以上に容赦なく怒られたり。

今考えると嫌な事ばっかりです。

でも、それでも続けていたのは、そこで頑張るからこそ自分が成長できるからです。

説教された時は、その人の話を聴いて真似する事で結果的に誉められました。

販売目標を達成できなかった時は、悔しかったので毎回何が悪かったか考えて、更に家に帰って商品のポジショニングを図式化してみた結果、販売できる様になりました。

厳しく怒られた時も笑顔でへこたれない顔をしていると案外気に入ってもらえて、カラオケにも誘っていただきました。

このエピソードは誰でも頑張る気持ちがあれば作れるエピソードだと思います。

嫌らしく言えば就職活動ネタですが、他人に自分の魅力を伝える事ができればそれは自信に繋がります。

イマジンプラスで仕事をする前と後で変わったこと

物事をはっきり説明できる様になった、人前で緊張しなくなった、多少の事では動じなくなりました。

Copyright © 株式会社イマジンプラス

TOPへ戻る