キャリア形成について

キャリアアップに資する教育訓練

区分
種別
具体的な教育訓練(例)
SP
事務職
使用ツール等
入職時研修
(雇入時訓練)
1
身だしなみ
オリエンテーション資料
1
ビジネスマナー
スタッフブック
1
店舗業務における注意事項
 
デジタルマナー検定
1
店舗研修ルール
 
個人情報DVD
1
個人情報
社内研修
1
商品研修
 
 
 
2
OA研修(office系)  
社内研修
職能別訓練
(スキルアップ)
 
(新製品)商品研修
 
eラーニング
2
販売フォロー研修
(販売不振者)
 
 
2
販売スキルアップ研修
(売れる販売員)
 
 
2
電話研修
 
 
2
個人情報
 
2
ビジネスコミュニケーション
 
2
ストレスマネジメント
 
2
チームワーク
 
職種転換訓練
2・3
OA研修
社内研修
2・3
商品研修 
 
eラーニング
その他訓練
2・4
資格取得援助
 
eラーニング
5
資格取得援助
キャリアコンサル
3・4
キャリアデザイン
 
2・4
適性検査
 

年次体系図

年8時間訓練の対象
1年目
基本的な考え方
基礎(力)の習得
指示されたことに対し、従順に対応できる
セールス
プロモーション
基礎力の習得
店舗スタッフを想定
・当たり前のことが出来る
(勤怠・ビジネスマナー・言葉使い・個人情報・コンプライアンスなど)
・実績を上げる販売トーク ・接客手法を取得する
コールセンター
基礎力の習得
・当たり前のことが出来る
(勤怠・ビジネスマナー・言葉使い・個人情報・コンプライアンスなど)
・基本的な電話対応が出来る一人前のレベルに到達させる
・基本的なパソコンスキルの習得(決められた時間内での入力作業)
オフィス事務
基礎力の習得
・与えられた仕事に対してきちんとこなす。 一人で出来るレベルに到達
・office基礎編のパソコンスキルを習得する
教育訓練内容
・身だしなみ ・ビジネスマナー ・店舗業務における注意事項 ・店舗研修ルール ・個人情報  ・商品研修 ・OA研修 ・電話研修
年8時間訓練の対象
2年目
基本的な考え方
対応力を強め、新人への教育が出来る
セールス
プロモーション
対応力アップ
店舗リーダーを目指す
・販売トーク/接客手法のバリエーションを増やす
・クレーム対応等のトラブル処理を円滑にこなす
・新人のフォロー/教育を行う
コールセンター
対応力アップ
・クレーム対応等トラブル処理を円滑にこなす
・新人のフォロー/教育を行う
・office系の取得を行い、他職種への転換も可能な状況になることを目指す
オフィス事務
業務の幅を広げる
将来の方向選択
(スペシャリストor
ゼネラリスト)
・新人教育 ・組織の対応力(順応力)強化 ・信頼関係の構築
・資格取得支援(eラーニング、費用援助など)
教育訓練内容
・OA研修(office系) ・販売フォロー研修(販売不振者) ・販売スキルアップ研修(売れる販売員) 
・電話研修 ・ビジネスコミュニケーション ・ストレスマネジメント ・チームワーク ・資格取得援助
年8時間訓練の対象
3年目
基本的な考え方
~直接雇用に向けて~
必要な人材となるスキル、知識を備える
セールス
プロモーション
より一つ上のステージへ
SVを目指す
・店舗への提案/交渉を行う
・ラウンダーへの転換が出来るスキルを付ける
コールセンター
SVもしくは直接雇用を目指す
・他メンバーの取りまとめを行う
・コミュニケーション力および調整力の向上
・目標管理/実績管理を含めたマネジメントを習得
オフィス事務
直接雇用を目指す
・直接雇用してもらう信頼関係の確立
・スキルアップ(資格取得など)
教育訓練内容
・就職活動対策 ・資格取得援助 ・キャリアデザイン ・適性検査
任意
4年目以降
基本的な考え方
~無期転換/直接雇用に向けて~
他職種/他就業先でも対応できるスキル、知識を備える
専門的な知識を有する
セールス
プロモーション
マネジメント/
スペシャリストへ
・インスト/営業などの総合職への道を作る
・スタッフへのサポート/教育
コールセンター
マネジメントへの道
・コールセンタースタッフフォロー
・SVラウンダーとして全体の管理を行う
オフィス事務
高スキルの活用
・スペシャリストとして、時給アップを目指す
・ゼネラリストしてバッファ対応などあらゆる場面でサポートできる能力を身に着ける

キャリアアップ資格取得支援制度

対象者
  1. 雇用契約期間が継続して3か月以上あり、今後も継続での就業が見込まれる
  2. 雇用契約期間中の平均出勤率が80%以上であること
  3. 試験の申込時期から試験に合格する日まで継続して就業していること
  4. 申請時に在籍していること。
援助対象の資格一覧
資格
スタッフ
備考
MOS(エクセル)
 
MOS(ワード)
同上
 
MOS(パワポ) 
同上
 
簿記(2級)
 
簿記(1級)
同上
 
TOEIC
 
家電アドバイザー
エグゼクティブ等級(ゴールド・プラチナ)のみ対象
日本語検定(1級)
外国人(中国人)向け
資格援助金について
受検費用支援金   上限1万円
※一人あたり1回のみとする。
※資格合格した時点で支給する。
その他支援制度について
eラーニングシステムの無償提供(JASSAキャリアカレッジ) 
年1回(30日間)の利用可能…弊社が指定した時期に受講いただくことが可能です。
年間8時間までは、有給となります。
Copyright © 株式会社イマジンプラス

TOPへ戻る